age

婚活、恋活を始めるなら若い頃から始めたほうが良い

「まだ婚活するには早いかな」「もうちょっと一人を満喫してから恋活しよう」などと思っていませんか?「30歳になって結婚してなかったら婚活しよう」と自分でボーダーラインを決めている方もいるかもしれません。しかし、婚活・恋活は早いうちに始めた方がお得です。なぜなら、若い女性の方が男性に人気があるから。やはり男性からすれば、どちらかと言えば若い女性を選びたくなるものです。若ければ若いほど多くの男性が寄ってくるため、選択の幅が広がるでしょう。また婚期や出産リスクの点から考えても早い方がオススメ。恋活開始からカップル成立、そして結婚・出産までには時間がかかることもあります。早目に開始していれば、適齢期に出産できるでしょう。婚活・恋活をするつもりなら、「そのうち」ではなく「思い立ったらすぐ」実行に移してください。

30歳前後がボリュームゾーン

一般的に婚活・恋活をしている女性の多くはアラサー・アラフォーです。最近では20代から婚活を始める人も増えているのでやや平均年齢が下がってきてはいますが、やはり最も厚い層は30歳前後。そんな中で若々しい20代前半の女性が婚活に参加していれば、男性の目を引くのは間違いありません。ボリュームゾーンより年齢が下であることは大きな武器となり得ます。多くの男性から交際を申し込まれる、良い条件の男性と近づきやすくなるなど、かなり有利な状況になるでしょう。また結婚・出産の限界年齢が近づいて焦っている女性よりも心の余裕があるため、男性からは余計にイキイキとした魅力的な女性に見えるはず。尚更モテるという良い循環が生じるでしょう。一度楽しむつもりでイベントに参加してみても良いかもしれません。

自分の年齢+5歳を目安に相手を探すとカップル成立しやすい

婚活・恋活イベントには多くの男女が参加します。どんな相手が良いのか迷ってしまうこともあるでしょう。そんな時は「自分の年齢に5歳足した年齢の相手」を基準に探してみてください。カップル成立しやすくなるはずです。基本的に男性は「女性を守りたい」という意識が働くため、自分よりも年下の女性を好みます。しかしあまりにも年齢が離れすぎた相手はNG。会話がかみ合わずにうまくいきません。最もうまくいきやすいのが5歳年上の相手なのです。まずは年齢である程度ふるいにかけましょう。その上で収入や趣味など、条件面を見るようにするとスムーズにいくはずです。特に彼氏いない歴の長い女性はルックスなどを重視する傾向があるため、失敗してしまいがち。早く相手を見つけたいなら、探し方のコツを押さえましょう。

気に入ったらシェアしてね♪

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0