party

恋人を作ることが目的なので婚活よりも気軽に参加できる!

ステキな出会いをしたいけど、重苦しい婚活やお見合いまでは抵抗がある。結婚を前提とした出会い探しはまだ考えていない。こんな風に、出会いたいけど結婚は考えていない人たちの出会いの場を与える恋活パーティーがブーム。話をするだけの婚活パーティーとは異なり、どちらかというと合コンのようなノリで食事をしたり、お酒を飲むことがほとんど。3対3くらいの少人数のグループコンパから20人以上の大規模なものまで多彩で、出会いにイベント性を加えて、楽しく盛り上がるように主催者も試行錯誤を重ねています。ガチガチの婚活はお見合いみたいで嫌という人にぴったりのこの恋活パーティー。参加者も男女ともに20代前半~30代前半の、比較的に若い人たちが多いので、合コンに出席するイメージで試してみてはいかがでしょうか。

少人数で長い時間会話できるイベントのほうがカップルが成立する確率が高い

恋活パーティーで人気なのが少人数制のカップリングイベント。コンパでも理想の人数を調べると5対5がいいとよく耳にします。あまり少なすぎても気になる人が見つかる確率が低くなり、逆に20対20など多すぎてもゆっくり話すことができないといった理由があり、ほどよい少人数が人気のようです。5対5くらいの少人数なら全員とゆっくり話すことができ、カップル成立の可能性も高くなります。この少人数制のカップリングイベントは、全国のカフェで開催されていたり、ネットなどで簡単に調べることができますので、試しに参加してみると新しい世界が広がるかもしれません。もちろん服装もカジュアルでいいのと、何よりも合コンのノリで気軽に参加しやすいのが最大の魅力でしょう。

異性の友人が欲しいだけの人は大人数でのイベントにGO!

恋活パーティーは少人数制の合コン風のイベントが人気なので、異性の友人がほしいだけの人は大人数制の婚活パーティーのほうがいいでしょう。婚活パーティーは数十人単位で行われるため、好みの顔立ち、話し方、職業などの人を見つけて話しかけると、恋に発展とまではいかなくても、その場で連絡先を交換して友だちから始めることができるかもしれません。少人数制の恋活パーティーでは食事をしたりお酒を飲みながら、またはカフェでお茶をしながらじっくりと話をすることが多いので、ただ異性の友人がほしいだけの利用は向いていません。人と話をすることが得意な人、合コンなどたくさんの異性と話をする場が好きな人は、恋活パーティーや恋活イベントをおすすめします。恋活パーティーの多くが、同じ出身地、同じような年齢層など盛り上がりそうな人同士で集めて開催されるのも魅力の一つです。

気に入ったらシェアしてね♪

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0