around

結婚のハードルは35歳からグッと高くなる

女性の場合、婚活はやはり若い方が有利です。女性が男性に高い年収を求めるように、男性は女性に若さを求めます。そのため年を重ねれば重ねるほど成婚は難しくなっていくでしょう。特に35歳がターニングポイントで、この年を超えるとハードルは急激に高くなります。ある結婚相談所のデータでは、40歳を過ぎた女性のお見合い成功率は10%を下回るとか。年を重ねた女性は、見た目はもちろんですが肉体的にも衰えてきます。子供が産めない・障害を持った子が生まれるなどの出産リスクも高くなってくるため、子供が欲しい男性からは敬遠されてしまうでしょう。また仕事で立場を確立している女性は考え方や価値観が頑なになってしまうため、男性に「面倒臭い」と思われるケースも多いのです。アラサー・アラフォーを取り巻く現状は厳しいと言えるでしょう。

年齢を重ねるほど妥協できずに結婚できない人が増える

アラサー・アラフォーの女性が結婚しにくい理由は、見た目や肉体年齢のせいだけではありません。プライドが高くて妥協を許さない女性ばかりが残っていくので、結果としてお見合いをしても結婚不成立になるケースが多くなっていくのです。20代の頃なら多少高い条件を望んでも成婚しやすいですが、同じ条件のまま40代を迎えても結婚はしにくくなる一方。しかし「ここまで待ったのだから妥協はできない」と言って、頑なに条件を下げない女性が多いのです。年をとればとるほど「結婚相手はこうあるべき!」という考えが凝り固まってしまい、ますます結婚できなくなってしまうでしょう。もちろん男性側も年を重ねるごとに訳アリの人が増えていくので、年齢が近くて条件に合う男性はどんどん減っていきます。年齢を重ねるほど未婚率が上がるのも無理はありません。

アラサー以降の女性は求める条件を下げることが成功のコツ!

婚活を成功させて幸せな結婚をしたいのなら、年齢に合った条件を持つことが大切です。アラサーを過ぎたら、相手に求める条件を見直しましょう。ハードルを下げることによって、出会う男性の数を増やすことができます。今まで条件面から除外していた男性でも、よく知り合えばぴったりの相手となるかもしれません。年収2000万円の相手との贅沢な暮らしを夢見るよりも、年収700万円の相手との普通の暮らしを手に入れる方が大切です。バツイチや子持ちの男性とも、良い家庭を築くこともできるでしょう。「結婚はこうあるべき」という凝り固まった考えを捨ててください。自分自身の視野を広げ、チャンスを増やしていきましょう。「妥協する」のではなく、「今の自分に見合った相手を探す」と考えてください。

気に入ったらシェアしてね♪

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0