date

「また会いたい」と思わせることが何より重要!!

気になるあの人とのデート。デートの最中は二人の時間を楽しむことも大事ですが、相手に「また会いたい」と思わせることが何よりも重要です。デートは何度も回数を重ね、お互いのことを知っていく機会、いわばお付き合いできるかどうか・したいかどうかを見極める、面接のようなものです。ですから、一度のデートで満足してしまったり、「もう会わなくてもいいかな…」と思わせてしまったりすると、相手とお付き合いをするという最終的な目的に到達することができません。デートの最中も気配りを忘れないこと、そしてさり気ないアプローチを続けて、相手の心を少しでも掴むことが重要です。このポイントを忘れないようにしながら、デートの最中のあなたの様子が相手にとっても大変印象深いものになるよう、デートをしっかりと楽しみましょう。

大らかな心で愛嬌と気遣いを忘れずに過ごそう

デートの最中に大切なのは、大らかな心でいること、そして愛嬌と気遣いを忘れずに過ごすことです。二人の距離が近づけば近づくほどに、相手の欠点も見えやすくなりますが、そこにいちいち目くじらを立てていたのではせっかくのデートの時間が台無しになってしまいます。相手に対しても自分に対しても、多少のドジや失敗は愛嬌だと思って、笑顔で受け流しましょう。マイナスな感情を顔に出してしまうと逆効果です。楽しいことや面白いことがあった時も、笑顔を忘れずに。また、男性は言う事を考えてから言葉にし始めるタイプの人も多いので、沈黙が起こっても慌てることはありません。むしろ、「私の話についてよく考えてくれているんだ」と、プラスの方向へ考えた方が上手くいきます。沈黙すら心地よく感じられるようになったら、二人の相性はベストに近づいていると言えるかもしれません。

デートの後は、自分からお礼のメールを送るべし!

デートが終わったら、こちらからお礼のメールを送るのがベストな対処法です。男性は用事がない時に自分からメールをしないタイプの人も多く、さらにデートの後のように、いざメールをする必要がある場面になっても恥ずかしがってメールをするのを苦手とする場合もあります。そんな時には積極的にこちらからアプローチをするのがポイント。「今日はありがとう。とっても楽しかったです!」というような、一緒に過ごせた時間が楽しかったことと、感謝の気持ちをしっかりと伝える内容が良いでしょう。さらに、「また会いたいです。いつなら大丈夫かな?」と、ストレートに次のデートの約束をするのも良いですね。こちらから好意を見せることによって相手からも好意を示しやすくなりますから、歩み寄るようにアプローチをする方法はとても効果的なのです。

気に入ったらシェアしてね♪

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0