exchange

メッセージを送る前に彼の生活サイクルを把握しておくと良い

着信ではないにしても、メッセージのやり取りは時間に気を付けたことが良いこともあります。メッセージを送る前に、彼の生活リズムを把握しておくようにしましょう。どの時間帯であれば、メッセージを送っても迷惑にならないか、返信しやすいかを確認しておくのが良いですね。相手とやり取りをしていくうちに自然に把握できるようになればそれが理想ですが、わからないときは直接聞いてしまっても良いでしょう。いつ連絡をしても良いですかと女性に質問されて、嫌な気持ちになる男性はそうはいません。むしろ自分に連絡したがってくれているんだと思ってもらえますし、思いやりのある女性だということでポイントもアップさせやすいですよ。

長すぎる文章は返信するのが負担に感じるので程々の長さにする

メッセージの長さに工夫をするのも忘れないようにしましょう。話したい話題や聞きたいことがたくさんあると、つい長いメッセージを作成してしまいがちですが、これは相手の返信の負担が増してしまうこともあります。長すぎるメッセージは目が滑ってしまって、読むだけで一苦労という場合も少なくありません。特に、メッセージのやりとりにあまり慣れていない男性や、得意ではない男性に対しては注意をするようにしてください。折角相手と仲良くなりたくて送ったはずのメッセージが、むしろ相手との距離を広める結果になってしまっては、非常に勿体ないですからね。読みやすく、更に返信もしやすいようなほどほどの長さのメッセージが作成できるようにしておきましょう。短くて面白いメールが好まれやすいです。書き終わったものを一度読み返して、いらない部分は削るなどの作業を挟むのも、文面を冷静に見れて良いですよ。また、1日に何通もやりとりすると疲れさせてしまうので、メールやLINEの終わらせ方にも気をつけましょう。

文中に彼の名前を入れるとやりとりが続く可能性が上がる!

文中に彼の名前を入れると、やり取りを長く続けやすくなる傾向にあります。これは、名前を呼ばれるという行為が、無意識のうちにお互いの距離感を縮める効果があるからと言われています。名前を呼ぶのは親しい間柄の特権的な意味合いもありますから、そういう意味でも活用していきたいテクニックのひとつですね。自分の名前を呼んでくれる相手に対して、男性も親しみを覚えやすいので、自然と長くやりとりを続けたいと思うものなのです。相手の呼び方も工夫していけると良いですね。いきなりなれなれしい呼び方をしてしまうと、相手が引いてしまう可能性もあるので、距離が縮まってきたらお互いの呼び方に関する提案をしてみるのも良いでしょう。相手もまた、あなたとの距離感を名前の呼び方で変えていきやすくなるかもしれません。

気に入ったらシェアしてね♪

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0