frequency

好きになった男性に毎日連絡するのは相手が飽きるのでやめたほうがいい

婚活で知り合った男性と、どのくらいの頻度で連絡を取り合えば良いのでしょうか。あまりに頻繁では疲れてしまうし、相手にも引かれてしまうかもしれないけれど、間が空きすぎてしまっても距離がそのまま開いてしまい、最悪の場合フェードアウトに繋がってしまう可能性もあるでしょう。毎日の連絡は、相手にうざいと思われてしまったり、飽きられてしまう原因にもなってしまいます。依存していると思わせれてもマイナスですからね。更に、男性は追いかけられると安心して、自分からのアプローチを怠ってしまう人も少なくありません。連絡に貴重感まではいかなくても、新鮮味を持たせておくのは、女性ならではの上手なやり取りテクニックだと思うようにしてください。週に1回から3回程度が、最も良い頻度でしょう。まめに連絡は取り合っているけれど、いつもそばにあるわけではないということが認識できるスパンがおすすめです。

自分からばかり連絡するのではなく相手からの連絡も待ってみる

好きになった男性には、いつでも積極的に連絡を取りたいと思う女性も多いでしょう。連絡がないままだと寂しいから、ついいつも自分から連絡をしてしまうという人も少なくありません。しかし、いつも自分から連絡をするのではなく、たまには相手からの連絡を待ってみるのも駆け引きの方法のひとつです。いつもそろそろ連絡がある頃だけれど、どうしたのだろうと相手に不安がらせるのもテクニックのひとつです。連絡がなくてさびしかったと言わせてしまうくらいも良いですね。相手が常に女性の方から来てくれるという状況に甘んじてしまうと、婚活の今後を考えてもあまり良いことばかりではなくなってしまうので、そこのコントロールがあなたの腕の見せ所ですよ。

やりとりが続いているからといって安心しない

どんなにメッセージのやりとりが続いていても、そこで安心してはいけません。恋愛はやはり実際に会わないといけないのです。実際に対面して、話をしたり、近くで表情や仕草を伺うことで、ようやく縮められる距離が確かに存在しているのです。相手との関係を深めるには、メッセージのやり取りと直接のデートを重ねることが重要です。いくつものコミュニケーション方法を使いこなして、多方面からアプローチしていくことが、上手な成就の秘訣というわけです。やり取りが続いているからといって、慢心して成就したつもりになってしまうのは厳禁です。新しく関係を発展させていきたいのであれば、ほどよいタイミングで実際のデートを組むように働きかけましょう。もちろん、そこまでのアプローチはLINEやメール、電話を使って良いのですから。

気に入ったらシェアしてね♪

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0