hardships

結婚線の形でどんな結婚生活になるかがわかる!

結婚線という手相を知っているでしょうか。結婚線とは、小指の付け根にある横線と、感情線のことを指しています。この結婚線がどのような形を描いているかによって、どのような結婚生活を送るかを知ることが出来るとされています。今期から始まり、今あなたにどのような結婚関係の運気がおとずれているのか、その向きは上向きなのか下向きなのかなども、結婚線をうまく読むことによって、伺い知ることが出来るのです。結婚線が上にある人ほど晩婚になる傾向があるなど、見分けやすい方法を知っていくと良いでしょう。結婚線がない人や、あまりに薄くてはっきりしない人は、結婚の可能性が薄いこと、ひとりでいる方がより充実した人生を楽しめる可能性などが挙げられます。

線が鎖状になっていたり、枝分かれしたりしている場合は問題を抱えた結婚生活になる可能性が高い

結婚線が鎖状になっていたり、枝分かれしていたりする場合があります。このようなパターンだと、あなたが獲得した結婚生活に、苦労をはじめとした様々な問題が浮上する可能性が高いです。もちろん、結婚生活は誰しも多かれ少なかれ問題を抱えるものではあります。結婚生活は、相手と巡り合い、入籍や式を終えるまでではありません。それからひとつの家庭を築き、お互いを支え合いながら生活を共にするすべてを指します。子どもがほしい人がいれば、子どもを産み、育てていくところもすべてが結婚生活の一環です。長い人生のパートナーですから、お互いに不満が生じたり、何かトラブルに見舞われてしまうこともあるでしょう。そうなったとき、力を合わせて対処していける関係が理想ですね。そのためには支線まで結婚線をきちんとチェックして、島状になっているか、直線になっているかなども判断し、より良い相手と結婚できるように努めることも重要になってきますよ。

濃く太い線が薬指の下まで真っ直ぐ伸びている状態が理想!

結婚線をチェックできるようになったら、自分の結婚線は理想のそれと近いかどうかも確認してみましょう。最も理想的な結婚線の状態は、濃くて太い腺が、薬指の下までまっすぐに伸びている状態です。これは、お互いの縁が深く、恋愛的な相性もとても良くて、結婚をしても末永く幸せに生きていけることを示しています。もしもあなたと現在の結婚の候補相手が、このような結婚線で繋がっているのであれば、これは非常に幸福なことです。こういった結婚線を自分の手の平から見つけたら、そのチャンスを決して逃さないように、しっかりアプローチをしかけていくようにしましょう。あなたの幸せな結婚生活は、結婚線にあるだけではなく、あなたが獲得していかなけばいけません。

気に入ったらシェアしてね♪

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0