kekkon

結婚線がどこにあるかで婚期がある程度分かる!

結婚線の表れる位置で、自分が大体何歳くらいで結婚できるかが分かります。結婚線は感情線と小指の間に現れる横線のこと。小指の付け根から感情線までの間をちょうど二等分した時、結婚線が真ん中よりも上にあるか下にあるかで判断することができます。二等分したところをちょうど30歳として見ましょう。それよりも下の感情線側に出現すれば早婚タイプ、上の小指側に出現すれば晩婚タイプです。感情線に近ければ近いほど結婚は早く、20歳前に成婚することもあるでしょう。反対に小指に近ければ近いほど結婚は遅くなります。しかし晩婚でも良い結婚ができる暗示であり、50歳くらいで良い人と巡り会う可能性もあるでしょう。ちょうど真ん中に位置する人は、30歳前後で結婚できるはず。結婚線が複数あるという人は、一番ハッキリとした線で判断してください。

長くはっきりとした結婚線ほど結婚に至る可能性が高い?

結婚線を見る時には、その太さや長さも大切です。「良い」と言われている結婚線は、長くてハッキリとした1本の太い線。今の恋愛が結婚に繋がりやすいということを表しており、また結婚後の生活もトラブルなく円満であることを暗示しています。平均的な結婚線の長さは、小指と薬指の間くらいまで伸びている状態。それと同じくらいか、薬指の下あたりまで伸びていると良い結婚ができるでしょう。またハッキリした線が1本あるということは、相手に対して一途である証拠。「この人!」と思った相手と大恋愛の後に結婚に至る可能性が高いでしょう。逆に、結婚にまで至らない恋愛を表す手相もあります。運命線の右下に斜めに現れる影響線が、運命線にまで届いていない場合は恋愛止まりで終わってしまう証。今の相手とは結婚には進めないかもしれません。

今は結婚線がない人が結婚できないというわけではない

「ハッキリした結婚線がない」「薄い結婚線が複数ある」「恋愛止まりで終わってしまう」など結婚の運勢があまりよくない手相だったとしても、ガッカリすることはありません。手相は日々変化していくもの。特に結婚線は手相の中でも変わりやすいと言われています。結婚線がないからと言って結婚できないというわけではありません。毎日を前向きに過ごし、結婚に対する意識をしっかり持つことで結婚線がハッキリしてくる場合もあります。今はなくても、しばらくすると玉の輿線が現れるという可能性もあるでしょう。大切なのは結婚線がないことにガッカリして後ろ向きになるのではなく、良い手相にするために意欲的に日々を過ごすことです。自分で結婚線を描き込むのもアリでしょう。潜在意識に働きかけ、理想的な結婚を叶えてください。

気に入ったらシェアしてね♪

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0