lovin

結婚生活は恋愛感情では継続していけない

まず大前提として、婚活は恋愛とは全く違うものだということを心に留めておきましょう。通常の恋愛では「好き」という感情が先に立ちますが、婚活では「結婚する」という目的が先に来ます。恋愛感情だけで結婚してもうまくはいきません。なぜなら恋愛感情は長続きしないものであり、「恋は盲目」という言葉もあるように判断力を下げてしまうものだからです。気持ちが落ち着いてしまった時、相手の嫌なところが見えて倦怠期に陥ってしまうこともあるでしょう。そのため、気持ちだけでなく条件を重視するのはとても大切なことなのです。特に婚活における交際期間は短いものであり、短期間で結論を出さなくてはなりません。恋愛感情だけを優先するとどうしても結婚にまで踏み切れなくなってしまうでしょう。成婚を目指すなら、恋愛感情を一番に優先すべきではありません。

人間として尊敬できるかで判断する

もちろん、相手に対する愛情は必要です。最低限の恋愛感情がなければ夫婦として共に暮らしていくのは難しいでしょう。結婚生活はこの先の人生でずっと続くもの。その中で「嫌だな」と思うことがあった時に、相手に対する愛情があれば多少我慢することもできます。ずっとうまくやっていくためには愛情は必須条件だと言えるでしょう。ただし恋人としての素敵さではなく、人間としての素敵さを重視してください。今の相手がどんなに異性として魅力的でも、年を重ねていけば必ずその魅力は衰えてきます。気持ちが冷めてしまうこともあるでしょう。しかし人間として素敵な人は、年をとってもずっとそのままです。尊敬できる相手であれば、ずっとお互いに尊重し合って暮らしていくことができるでしょう。いつまでも仲の良い夫婦でいられるはずです。

結婚するとは相手と契約を交わすということ

婚姻届けを提出することで、正式に夫婦となる結婚。気持ちという曖昧な絆で結ばれている恋人と違い、法的に関係を認められるものです。ある意味では契約と言っても過言ではないでしょう。結婚することで経済的な負担や子供・家庭に対する責任など、お互いに多くの責任を持つことになります。たとえば夫が生活費を稼ぎ、妻が家事をする。そう契約をするのと変わりません。そのため、ある程度割り切って考える必要があるのです。長年育んできた大恋愛の末に結婚することが理想的かもしれませんが、そんな二人でも結婚生活がうまくいくとは限りません。今だけでなくずっと先を見据え、様々な角度から自分が最も幸せになれる相手を選びましょう。そのために多少シビアな考えを持つことも、長い目で見れば必要なのです。

気に入ったらシェアしてね♪

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0