midoku

LINEでスルーされるにはいくつか理由がある

スマートフォンが普及したことで、非常に多くの人が使用するようになったLINEというツール。とても便利な一方で、気持ちのやり取りをするときについ気にしてしまう「未読」という文字がありますよね。返事をスルーされてしまったと思うと気持ちが落ち込んでしまう人も多いと思いますが、そのスルー理由には、いくつかのパターンがあり得ます。忙しくしていてLINEをチェックする暇がなかったのかもしれませんし、たまたま寝ていて返すタイミングが遅くなってしまっているだけかもしれません。返そうとしているうちに忘れてしまったのかもしれないですしね。もちろん、あなたからのLINEに興味をそそられなかった可能性もあり得ます。メッセージの未読から、相手の心理を想像するのも、婚活のコミュニケーションの重要なステップなことは間違いないでしょう。

恋愛の駆け引きとしてスルーする人もいるが何日も返事がなければ、そのままフェードアウトする可能性が高い

恋愛のテクニックのひとつとして、すぐに返事を返さなかったり、敢えて連絡を少しスルーしたりする人はいますよね。LINEの場合も同様で、そういった意図があって未読のままになっている可能性もあります。そういう場合は、相手との駆け引きに乗って、しばらく無視をしてみる方法もありますし、追加で連絡を続けるという方法もあります。相手と自分の状況によって、適宜判断して駆け引きするようにしましょう。ただし、何日も返事がなければ、そのままフェードアウトという可能性もあり得ます。一度手に入れた縁を切ってしまわないためには、これは防がなくてはいけません。駆け引きも重要ですが、ほどよいタイミングで繋がっていられるよう、電話やメールなどのほかの連絡手段も組み合わせていくのが良いでしょう。

男性の中には何往復もメッセージを送ることを苦痛に感じる人もいる

こまめなやり取りが得意な人もいれば、苦手な人もいます。特にLINEのようなリアルタイム性が強いツールの場合、何度もメッセージを送るのが苦痛に感じる人も少なくありません。特に男性の場合、こういったやり取りのツールが苦痛だというタイプが多い傾向にあります。いつもLINEのメッセージでやり取りをするだけではなく、通話機能などを駆使して、お互いが気持ち良いスタイルでやり取りできるように工夫すると良いでしょう。相手が苦手だと思っているツールを使い続けることで、本来であれば近づいていたはずの距離が遠ざかってしまったり、結べたはずの縁が離れてしまったりしたら、非常にもったいないですからね。相手の真意を測りかねる場合は、ツールについて直接向き不向きを問うてみるのも必要です。

気に入ったらシェアしてね♪

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0