not-work

婚活がなかなかうまくいかないという人は自分に問題があることが多い

なかなか結婚が決まらない・思い通りに婚活が進まない…そんな状況に陥ってしまったことには必ず原因があるものです。しかしその原因を「良い相手がいない」「婚活会社が悪い」と他人のせいにしてしまうのが、失敗する人に多く見られる共通点。実際のところ、本人に問題があるケースがほとんどです。たとえば「相手に対する理想が高すぎる」「デートマナーがなっていない」など、自分でも気づいていない悪いところがあるかもしれません。一度原因についてよく考えてみましょう。デートの直後に振られることが多い人は、遅刻はしていないか、相手におごってもらった時にきちんとお礼を言ったかなど、NG行動を取っていなかったかよく思い返してください。すぐに「相手が悪かった」と思わず、自分に非がないかどうか客観的に考えましょう。

条件だけで判断せずにいろんな人と話してみる

婚活がなかなか終わらない人は、結婚相手に求める条件に異様にこだわる傾向があります。相手と会ってもいないのに、書類上の条件面だけで判断してしまいがち。妥協しないと言えば聞こえが良いですが、これはチャンスを自ら潰していると言っても過言ではありません。理想に当てはまるかどうかだけで「あり」「なし」を判断していれば、選択肢が狭まって当然です。相手と実際に会って話してみることでわかることもたくさんあります。厳しい条件の婚活をがむしゃらに続けるよりも、少し肩の力を抜いて色んな人と会ってみましょう。たくさんの人と話すことで、視野が広がり様々な考え方ができるようになります。条件面では理想の相手といかなくても、温かで幸せな家庭を作れそうな良い人と出会えることもあるかもしれません。

なぜ自分に恋人ができなかったのか冷静に見つめなおす

結婚できない原因を探るために、過去の恋愛の仕方にまでさかのぼって考えてください。婚活がうまくいかない人は、恋愛もうまくいかなかったケースがほとんどです。これまでの人生で恋人が一度もできなかった人も多いでしょう。その理由や原因を、自分の性格を踏まえて冷静に見つめ直す必要があります。たとえばプライドが高い人は、「恋愛とはこうあるべきもの」という自分の考えに固執してしまいがち。相手が少しでも理想から外れた行動をすると即切り捨てたり、イケメンかそうでないかだけで判断したりします。また内向的な人の場合は、恋愛や結婚に夢を見過ぎなこともあるでしょう。運命的な出会いを…と思っているうちに適齢期を過ぎてしまうというケースもあります。自分の恋愛の仕方を知ることで、「なぜ結婚できないか」というルーツを知ることができるでしょう。

気に入ったらシェアしてね♪

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0