percentage

30代の男女の未婚率は約30%!!

20代で結婚するのが当たり前だった昔と比べて結婚しない人の割合が増えてきている昨今。男女ともに未婚率はどんどん上昇しています。2010年の総務省の国税調査によると、男性の30~34歳の未婚率は47.3%、35~39歳で35.6%。同じく女性の30~34歳の未婚率は34.5%、35~39歳で23.1%とかなり高め。平均して30代の男女の未婚率は約30%となっています。1950年の同年代の未婚率は約10%だったので、いかに結婚していない人が急増しているかわかるでしょう。更に生涯未婚率(50歳時の未婚率であり、今後も結婚の予定がないと推測できる数値)も急激に高まっており、男性で20.1%、女性で10.6%という結果が出ました。つまり男性は5人に1人が、女性は10人に1人が生涯独身だということです。この数値は今後も増加するでしょう。

20代後半~30代前半に結婚しない人が増えた

では、なぜこんなにも急激に未婚の男女が増えているのでしょうか。その原因は時代による景気の低迷、そして価値観の変化だと言われています。バブルの崩壊後、日本経済は右肩下がり。バブル期にはフリーターでもかなりの収入が得られましたが、現代では結婚して家族を養っていけるほどの経済力は持てません。非正規雇用が増加して低所得層が増大した現代では、今の暮らしでやっとで将来まで考えている余裕がない人が多いのが実情です。また女性の社会進出が進み、結婚なくても独立して生計を立てられる人が増えてきました。その結果女性側も「結婚が全てではない」「一人の方が良い」という考えを持つようになっているのです。これらの変化は、結婚適齢期である20代後半~30代前半の男女によく見られます。そのため未婚率が急増していると考えられるのです。

実は結婚を希望する男女が歩み寄れば簡単に解決する

男女ともに未婚率が増加しているということは、結婚していない異性が多いということ。ひと昔前に比べれば、30代でも結婚できるチャンスは大いにあると言えるでしょう。男女がお互いに「結婚したい」と思いさえすれば、実は簡単にマッチングできてしまうのです。それなのになかなか成婚しないということは、お互いに条件が厳しすぎるのが原因でしょう。「結婚しない」という選択肢が増えているからこそ、「どうせ結婚するならより高収入の相手」「自分のライフスタイルを尊重してくれる相手」など、選り好みしてしまいがち。相手に好条件を望んでしまうと、どんなに候補がたくさんいても良い相手となかなか巡り会えません。結婚を決めるには、ある程度条件を下げることがポイントです。生涯独身にならないように、今一度条件を考え直してみましょう。

気に入ったらシェアしてね♪

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0