remainder

最近では消極的な男性が増え、婚活氷河期に陥っている

近年の婚活では、実は女性の方が積極的な人数が増えているのです。対して、結婚をしたいと考えている女性に対して、積極的なスタンスを持っていない男性が増えてしまいました。男女平等が提唱されるようになり、女性がどんどん強く社会や世間に進出するようになっている一方で、男性の積極性が失われつつあるシーンも多いということなのです。草食系男子という言葉も一般的になって来ましたが、まさにその通りということですね。実際に婚活に参加する男性の数も減ってしまっているため、女余りが発生しているシーンも少なくなくなって来てしまったのです。パーティーなどは男性の方がお金がかかることも多いですから、そこまでしたいと思わない男性が増えてきてしまったということです。

婚活に参加する男性は、20代の女性を希望する

いざ婚活の場所に足を向けた男性であっても、その後の出産や子育てのことを考えて、相手の女性の理想年齢が20代という人が多くなっています。女性に対して、頼られたい、守ってあげたいという気持ちを抱くのは、恋愛においても婚活においても、多くの男性にある傾向です。そのため、自分よりも若い女性を希望する男性は減りません。その結果として、真剣に婚活をしている30代、40代の女性はやはり余ってしまうことになるのです。売り手が一生懸命なっていても、買い手の方がその気がなければ、その商売は成立しませんよね。絶対数もさることながら、男性の求める傾向によっても、婚活の成功率は変わってきてしまうのです。婚活における女余りには、実はこういった仕組みがあるというわけです。

数少ない男性の中から条件に合う人を見つけ出すのは難しい

このように、数が少ない婚活男性の中から、更に自分の条件に合った相手を見つけ出すのは、非常に難しいこととなります。相手の性格や収入、仕事や子育てに対する考え方はもちろんのこと、日常の過ごし方や様々な意識など、結婚をする上でも理想はありますよね。いくら理想を浮かべたところで、その希望に合った男性がいなければ、結局のところ婚活の成功は困難になってしまうのです。そんな婚活氷河期を乗り切り、幸せな結婚生活を手に入れるためには、女性自身がより魅力的な存在になって行かなくてはいけません。そしてその魅力を、男性が求める形でうまくアプローチしていかなければいけないのです。ただ黙っているだけで、男性がその魅力に気づき、アプローチしてきてくれるわけではありません。自分の良いところや魅力をうまくアピールして、自ら縁を結んでいく積極性こそが、婚活を成功させる秘訣なのです。

気に入ったらシェアしてね♪

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0