tesou

結婚線を見ることでいつ頃結婚し、どんな結婚生活になるか分かる

結婚線とは、小指の付け根に手のひらの側面から感情線に沿って横に伸びる1本~数本の線のこと。その人の結婚に関わる運勢を表すものであり、この線を見れば結婚する時期や結婚生活に満足できるかどうかなどが分かります。有名な手相なので知っている人も多いですが、よく誤解されているのが「線の数=結婚回数」という見方。単純に線が複数あれば離婚と再婚を繰り返すということではありません。線の数は、結婚に至るものを含む恋愛の数を表しています。薄い線がたくさんある時は、まだ結婚に対する意識は低く、たくさんの人と恋愛を楽しみたいという気持ちが強い証拠。逆に濃い線が何本かある時は、その数だけ大恋愛をし、そのうちの誰かと結婚をするということを表しています。正しい知識をつけて、自分がどんな結婚をするのかを知りましょう。

玉の輿、晩婚、浮気など結婚線から分かる情報は多い

結婚線は、線の数だけを見るものではありません。線の濃さや長さ、線がまっすぐか波打っているか、現れている位置、上向いているか下向いているかなど、様々な現れ方から多くの情報を読み取ることができます。玉の輿に乗れるかどうか、人より結婚が遅くなるのか、浮気するタイプなのかなど、具体的な結婚生活について知ることができるでしょう。たとえば結婚線がギザギザの波線状になっている人は、結婚後にストレスを感じてしまう暗示があります。パートナーと意見が合わず、我慢しがちな結婚生活になるでしょう。また2本の結婚線が合流して1本の結婚線になっている人は、紆余曲折を経て最終的に幸せになれる可能性が大。今は大変でも、困難を乗り越えて理想的な結婚ができるでしょう。このように手相は一人一人異なるものであり、そこから読み取れる情報も変わってきます。

統計と経験科学に基づいて予測しているので的中率が高い!

「手相を見るだけでそんなことまでわかるの?」と疑問に思う人もいるでしょう。しかし、手相は統計と経験科学に基づいて成立している歴史的手法。経験科学とは、経験から得た事実を実証する学問です。はるか昔から、人々は手相を見て吉凶を判断してきました。「歴史的淘汰」という言葉もある通り、長い時間が過ぎていく中では本当に良いもの・信憑性があるものだけが残っていきます。当たらなければ手相も歴史の中に埋もれてしまったでしょう。長い時間をかけて膨大な情報の中から「こういう手相が出た時にこういう事象が起こった」という因果関係が見極められ、手相として確立していったのです。そのため、手相はとても的中率の高い方法。自分の将来や結婚に関する運勢を見るためにはぴったりの方法だと言えるでしょう。

気に入ったらシェアしてね♪

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0